【容量別】カリマーリュックおすすめ24選|登山からタウンユースまで全網羅

カリマーのおすすめリュック・バックパック・ザック

アウトドアリュックの定番といったら「カリマー」。

登山やハイキングのアウトドアから、通勤・通学のタウンユースまで使えるリュックが揃っています。

そこで本記事では、カリマーのリュックを「容量別」に徹底紹介!

  • カリマーリュックの特徴
  • 選び方
  • 人気&定番のリュックTOP3
  • 10L〜60Lのリュック

などなど、カリマー歴3年の僕が分かりやすく紹介していきます。

りゅっくま
カリマーのバックパック選びに迷っている人は、参考にしてみてね。レビュー記事もあるし、見出しの最後には比較表もあるよ。

カリマーリュックの特徴

カリマーについて

出典:Karrimor

カリマーのリュックは、高機能かつシンプルなデザインが特徴です。

背負いやすかったり、耐久性があり、小物を収納するポケットが多かったり。

そしてデザイン性も高く、リュックによって山でも街でも馴染む見た目になっています。

カリマーのリュック

実は「Karrimor(カリマー)」の語源は、「carry more=もっと運べる」から。
荷物を運ぶリュックは、カリマーが一番力を入れているアイテムです。

これまで、世界的なクライマーやエベレスト遠征隊がカリマーのリュックサックを使用して、偉業を達成してきました。つまりカリマーは、信頼のあるアウトドアブランドというわけです。

カリマーリュックの選び方

カリマーリュックの選び方

出典:Karrimor

カリマーは幅広い種類のリュックを販売しているので、あなたに合ったリュックが見つかるはず。

選び方のポイントは2つ。
リュックの「容量」「機能性」を見ることです。

選び方①用途によって「容量」を選ぶ

まずは、10L〜60L台の容量から用途にあったものを選びます。

  • 10L〜20L
    タウンユース / 自転車ツーリング / ライトトレッキング
  • 20L〜30L
    通勤・通学 / ハイキング / 日帰り登山
  • 30L〜40L
    山小屋1泊の登山
  • 40L〜60L
    山小屋2~3泊の登山 / 1~2泊のテント泊
※あくまで目安です。

普段使いなら30L以下のリュック。

日帰り登山や1泊以上の登山なら、30L以上のリュックを持っていくのが良いですね。

シチュエーションによって、大きすぎず小さすぎない適切な容量を選ぶことが大切です。

選び方②用途によって役に立つ「機能性」が違う

アウトドアで使うか、通勤・通学で使うかによって、必要となる「機能性」が異なります。

登山で便利な機能】

ハイドレーション、雨蓋、ヒップベルト、コンプレッションなど

通勤・通学などタウンユースで便利な機能】

PCホルダー、オーガナイザーなど

【共通して便利な機能】

2気室構造、通気性の良いメッシュ素材など

 

30L以上のリュックであれば、登山に便利な機能は基本的に搭載されています。

通勤・通学時には衝撃からガジェット類を守るPCホルダーがあると便利です。

紹介するカリマーリュック一覧

今回紹介するリュックの一覧表です。

気になるリュックの詳細は「解説はこちら」をクリック/タップしてください。

※右にスクロールできます→

BEST:★★★★
カリマーセクター
カリマートリビュートBEST:★★★★★
カリマーイクリプス
カリマーイクリプスプロカリマーランクスカリマーデールBEST:★★★★★
カリマーリッジ
カリマーセイバーカリマーslイントレピッド40リッジ40カリマークーガーアルピニステ50カリマークーガーカリマージャガー
名前アーチャー10ステップ12セクター18ユーティリティ20トリビュート20タトラ20SL20VTデイパックダーク 23セクター25トリビュート25イクリプス27イクリプスプロ27ランクス28デール28リッジ30セイバー30SL35イントレピッド40リッジ40クーガー45-60アルピニステ 50+10クーガー55-70ジャガー60+10
価格6,480円8,100円10,800円9,504円14,580円11,016円13,824円8,100円15,120円13,500円16,200円13,500円18,684円18,144円18,144円21,384円17,280円18,574円25,920円23,220円30,240円27,000円34,020円36,720円
容量10L12L18L20L20L20L20L20L23L25L25L27L27L28L28L30L30L35L40L40L45L〜60L50+10L55L〜70L60+10L
サイズ37✕21✕17cm37✕28✕20cm41×31×24cm41✕31✕24cm50✕30✕16cm46×29×21cm47×25×24cm42×30×22cm50×31×24cm47✕32✕24cm47✕30✕22cm47✕32✕24cm49✕33✕28cm62×32×27cm51×27×33cm62✕32✕29cm60✕34✕24cm62×29×26cm67✕31✕28cm67✕32✕31cm73×38×30cm72✕36✕28cm75✕39✕32cm84×36×32cm
重さ380g320g600g600g770g600g580g450g760g700g840g700g830g1070g960g1450g1100g960g1,750g1,630g2,400g1,720g2,550g2,400g
商品リンク解説ははこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら解説はこちら

定番&人気のカリマーリュックTOP3

「カリマーのリュックといったらこれ!」という、定番&人気のリュックはこの通り。

  • セクター25
    アウトドア〜普段使いにおすすめ
  • イクリプス27
    通勤・通学におすすめ
  • リッジ30
    日帰り登山・旅行におすすめ

正直、どれを買うか迷ったら上記のリュックを買えば間違いないです。

僕も全て持っていますが、愛用して使っています。

クリック・タップで表示

コスパ

リュックの機能性や容量を、値段から見てコスパを判断。

安いのに、機能性が高かったり容量が大きかったらコスパは良くなります。

また「リュックコスパ指数」も指標としています。「リュックコスパ指数」とはリュックハック独自の指数で、「リュックの値段÷容量=1Lあたりの値段」で計算しています。半分ネタです。

例:20Lリュックの値段が10,000円なら、リュックコスパ指数は10,000÷18で500。

機能性

取り出しやすさや、ポケットの多さ、便利な特徴などで機能性を判断。

見た目

筆者主観でリュックのデザイン性を見て、見た目を判断。

アウトドア〜普段使いにおすすめ「セクター25」

セクター25

出典:Amazon

評価
コスパ
(4.0)
機能性
(4.0)
見た目
(4.0)
おすすめ度
(4.0)
セクター25の基本スペック
価格13,500円
容量25L
サイズ47✕32✕24cm
重さ700g
背面の長さ43cm

特徴

  • シンプルで丸っこいデザイン
  • デイパックでは珍しい2気室構造
  • フィットするショルダーハーネス

解説

ハイキングやタウンユースに使えるカリマー定番のデイパックです。特徴的なのは2気室の構造。上下の気室を分けることができるので、荷物の整理がしやすく、取り出しも簡単になっています。ショルダーハーネスも造りが良く、肩にしっかりフィットしてくれます。

素材感はこんな感じ。

カリマーセクター25素材

上下の2気室は、チャックの開閉で分けられます。

カリマーセクター2気室チャック

2気室にしていてもA4サイズは収納可能。

カリマーセクター2気室a4

しっかりと造られたショルダーハーネス。

セクター25のショルダーハーネス

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥13,500 (2019/07/23 07:52:04時点 Amazon調べ-詳細)

\レビューはこちら/
カリマーセクター25のレビュー【カリマー セクター25レビュー】コスパ抜群&2気室の定番リュックを解説

 

通勤・通学におすすめ「イクリプス27」

イクリプス27

評価
コスパ
(4.0)
機能性
(5.0)
見た目
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
イクリプス27の基本スペック
価格13,500円
容量27L
サイズ47✕32✕24cm
重さ700g
背面の長さ43cm

特徴

  • シックな黒がかっこいい
  • A4ファイル対応&PCホルダー付き
  • 通勤・通学に便利な機能が満載

解説個人的に見た目が好きなリュックサック。こちらは通勤・通学に便利な機能が揃っていて、タウンユースでの使用におすすめです。

資料や教科書がラクラク入る収納力に、PCホルダーも搭載。小物を入れるオーガナイザーも便利です。ヒップベルトとチェストストラップを取り外せるのも使い勝手が良いですね。

素材感はこんな感じ。

カリマーイクリプスの素材

資料や教科書は、ラクラク収納できます。

カリマーイクリプスの容量

ノートパソコンを衝撃から守る、パッドホルダー。

カリマーイクリプスのPC

 

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥14,904 (2019/07/23 05:14:15時点 Amazon調べ-詳細)

\レビューはこちら/
【カリマー イクリプス27レビュー】特徴やプロとの違いを丁寧に解説

日帰り登山・旅行におすすめ「リッジ30」

リッジ30

出典:Amazon

評価
コスパ
(4.0)
機能性
(5.0)
見た目
(5.0)
おすすめ度
(5.0)
リッジ30の基本スペック
価格21,384円
容量30L
サイズ62✕32✕29cm
重さ1450g
背面の長さ42cm / 47cm / 50cm

特徴

  • 登山・ハイキング・旅行など何でも使える万能リュック
  • 人間工学に基づいた新設計ハーネス
  • 快適な着用感のヒップベルト

解説リッジ30は、カリマーの定番リュック。デザイン性と機能性、耐久性が良く、どんなシチュエーションでも背負っていきたいリュックです。僕の相棒リュックでもあります。ショルダーハーネスとヒップベルトは、人間工学をもとに設計。長時間背負っていても疲れません。

機内に持ち込めるサイズなので、国内・海外旅行にもばっちりです。

素材感はこんな感じ。

リッジ30の素材感

おすすめポイントは、ウエストのポケット。
文庫本が入るサイズなので、小物や携帯食をたくさん入れられます。

リッジ30のポケット

雨蓋部分もかっこいいです。

衣服やサブバックを挟めば、一時的にしまっておけます。

リッジ30の雨蓋

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥23,760 (2019/07/23 07:52:05時点 Amazon調べ-詳細)

\レビューはこちら/
カリマーのリッジ30をレビュー【カリマー リッジ30レビュー】3年愛用して分かった魅力と選び方を紹介

【10L〜】カリマーおすすめリュック3選【タウンユース】

  • アーバンデューティアーチャー 10
  • ステップ12
  • セクター18

アーバンデューティアーチャー 10

出典:Amazon

アーバンデューティアーチャー 10の基本スペック
価格6,480円
容量10L
サイズ37✕21✕17cm
重さ380g
背面の長さ34cm

特徴

  • 無駄のないスタイリッシュなデザイン
  • 丈夫でハリのある「ライノクロス」素材
  • 通気性の良いエアメッシュ
解説タウンユースで使える機能とシンプルなデザインが魅力な「urban dutyシリーズ」の10Lリュックです。特徴は、厚手のナイロンを使用したカリマー独自の素材「ライノクロス」。丈夫な上に、使い込むことによって独特なシワがうまれ、渋いリュックに変化します。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥6,480 (2019/07/23 07:52:05時点 Amazon調べ-詳細)

ステップ12

 

ステップ12

出典:Amazon

ステップ12の基本スペック
価格8,100円
容量12L
サイズ37✕28✕20cm
重さ320g
背面の長さ36cm

特徴

  • レディース&キッズ(身長150cm前後)に最適なサイズ
  • 反射素材のリフレクターテープ搭載
  • ネームプレートホルダーあり
解説レディースやキッズ向けのデイパック。ピンクや水色、黄色などカラフルなカラーが揃っています。ショルダーハーネスには反射板がついているので、夜間でも目立つ安全仕様。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥8,100 (2019/07/23 11:43:52時点 Amazon調べ-詳細)

セクター18

セクター18

出典:Amazon

セクター12の基本スペック
価格10,800円
容量18L
サイズ41✕31✕24cm
重さ600g
背面の長さ40cm

特徴

  • セクター25より小さいモデル
  • 2気室以外の特徴はセクター25と同じ
解説こちらは、セクター25より小さい容量になったもの。機能性はそのままに、より安くコンパクトになっています。しかし、2気室構造ではないので注意。よほどの理由がない限り、大きめの25Lのリュックを買えばいいと思います。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥10,800 (2019/07/23 10:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

10L〜のリュック比較表

※右にスクロールできます→

名前アーチャー10ステップ12セクター18
価格6,480円8,100円10,800円
容量10L12L18L
サイズ37✕21✕17cm37✕28✕20cm41×31×24cm
重さ380g320g600g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【20L〜25L】カリマーおすすめリュック6選【通勤・通学】

  • ユーティリティ20
  • トリビュート20
  • タトラ20
  • SL20
  • VT デイパックF
  • アーバンデューティダーク23

ユーティリティ20

ユーティリティ20

出典:Amazon

ユーティリティ20の基本スペック
価格9,504円
容量20L
サイズ41✕31✕24cm
重さ600g
背面の長さ40cm

特徴

  • アウトドアでも街でも使える
  • 出し入れしやすい広い開口部デザイン
  • トレッキングポールホルダー搭載
解説スラッと真っ直ぐな形状が特徴的なユーティリティ20。ストレッチ性のあるポケットや、サイドポケットなど、小物と水筒を収納しやすくなっています。ポールホルダーやヒップベルトもあるため、アウトドアシーンでも使えます。

トリビュート20

トリビューテ20

出典:Amazon

トリビュート20の基本スペック
価格14,580円
容量20L
サイズ50✕30✕16cm
重さ770g
背面の長さ42.5cm

特徴

  • ビジネスシーンで使える
  • パッド入りPCホルダー搭載
  • リュックのサイドにハンドル付き
解説13インチまでのパソコンとタブレットが入るPCホルダーが搭載。通勤・通学に役立ちます。リュック内部の鮮やかな蛍光色が気にならない人には、良いリュックです。
[カリマー]デイパック tribute20 Black(ブラック)
Karrimor(カリマー)

\レビューはこちら/
【カリマー トリビュート20&25レビューと比較】通勤・通学におすすめリュック

タトラ20

タトラ20

出典:Amazon

タトラ20の基本スペック
価格11,016円
容量20L
サイズ46✕29✕21cm
重さ600g
背面の長さ40cm

特徴

  • ハイキングや軽いトレッキングに最適
  • パッド入りのヒップベルト
  • 雨蓋を搭載
解説20Lとコンパクトなサイズながら、雨蓋タイプのリュックサック。ハイキングや軽めのトレッキングにぴったりです。パッド入りのヒップベルトを装着すれば、荷物の重みを分散し、肩への負担を軽減してくれます。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥11,016 (2019/07/23 11:53:04時点 Amazon調べ-詳細)

SL20

sl20

出典:Amazon

SL20の基本スペック
価格13,824円
容量20L
サイズ47✕25✕24cm
重さ580g
背面の長さ43cm

特徴

  • コンパクト&軽量モデル
  • ハイドレーションシステム対応
  • アクティブに動くシーンにおすすめ
解説コンパクトで軽いリュックサックです。ショルダーハーネスはメッシュ素材なので、通気性が高いのが特徴。アクティブに動いて汗をかく人におすすめです。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥13,824 (2019/07/23 11:43:53時点 Amazon調べ-詳細)

VT デイパックF

vtデイパック

出典:Amazon

VT デイパックFの基本スペック
価格8,100円
容量20L
サイズ42✕30✕22cm
重さ450g
背面の長さ42cm

特徴

  • 普段使いに便利なリュック
  • カラビナなどを付けられるデイジーチェーン
  • 小物を整理しやすいポケットとオーガナイザー
解説見た目はシンプルなリュックですが、多機能です。内部のメッシュポケットと、前面にはオーガナイザーがあるので、財布や鍵など小物の収納に便利。サイドポケットには水筒やペットボトルもしまえます。普段のお散歩やお出かけに、持っていきたいリュックです。

\レビューはこちら/
【カリマー VTデイパックFレビュー】コンパクトで軽量な普段使いリュック

アーバンデューティダーク23

アーバンデューティ

出典:Amazon

アーバンデューティ ダーク23の基本スペック
価格15,120円
容量23L
サイズ50✕31✕24cm
重さ760g
背面の長さ47cm

特徴

  • 丈夫でハリのある「ライノクロス」素材
  • セキュリティ性の高いバックパネルポケット
  • タウンユースや海外旅行に便利

解説「urban duty」シリーズの定番モデル。無駄な装飾はなく、スッキリとしたデザインです。なんと背中部分にポケットがあり、財布やパスポートなど貴重品を収納するのに役立ちます。ジッパーで開け閉めするサイドポケットも、セキュリティ性が高いです。海外旅行時のサブバッグとしておすすめです。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥15,120 (2019/07/23 10:41:31時点 Amazon調べ-詳細)

20L〜のリュック比較表

※右にスクロールできます

名前ユーティリティ20トリビュート20タトラ20SL20VTデイパックダーク 23
価格9,504円14,580円11,016円13,824円8,100円15,120円
容量20L20L20L20L20L23L
サイズ41✕31✕24cm50✕30✕16cm46×29×21cm47×25×24cm42×30×22cm50×31×24cm
重さ600g770g600g580g450g760g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【25L〜】カリマーおすすめリュック4選【タウンユース〜アウトドア】

  • トリビュート25
  • イクリプス プロ27
  • ランクス28
  • デール28

トリビュート25

トリビュート25

出典:Amazon

トリビュート25の基本スペック
価格16,200円
容量25L
サイズ47✕30✕22cm
重さ840g
背面の長さ46cm

特徴

  • 専用に作られたPCホルダー
  • 書類の角が傷まない設計
  • 背負い心地の良い背面デザイン

解説トリビュートシリーズの25Lモデルは、タウンユースのリュックが欲しい人におすすめ。背面に独立したPCホルダーがあり、PCを取り出しやすく、衝撃から守ります。また、書類を入れても角が傷みにくい設計になっているのもポイント。

カリマー独自の背面デザインは、長時間リュックを背負うビジネスマンや学生をサポートします。25Lというサイズ感とデザインが個人的に好みです。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥16,200 (2019/07/23 06:39:44時点 Amazon調べ-詳細)

\レビューはこちら/
【カリマー トリビュート20&25レビューと比較】通勤・通学におすすめリュック

イクリプス プロ27

イクリプスプロ27

出典:Amazon

イクリプスプロ27の基本スペック
価格18,684円
容量27L
サイズ49✕33✕28cm
重さ830g
背面の長さ46cm

特徴

  • イクリプス27をよりタウンユース寄りに
  • 高密度ナイロン素材
  • 本体の底にも保護パッド搭載
解説「イクリプス プロ27」は、イクリプス27をより普段使い向けにしたリュックです。厚いPCホルダーの他、タブレットを収納するポケットが搭載。底の部分にも、衝撃を吸収するパッドがあるのでガジェット類を保護してくれます。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥18,600 (2019/07/23 05:14:15時点 Amazon調べ-詳細)

\レビューはこちら/
【カリマー イクリプス27レビュー】特徴やプロとの違いを丁寧に解説

ランクス28

ランクス28

出典:Amazon

ランクス28の基本スペック
価格18,144円
容量28L
サイズ62✕32✕27cm
重さ1070g
背面の長さ42cm / 47cm

特徴

  • 日帰り登山&トレッキングに使える小型リュック
  • 背中にフィットする「形状可変バックプレート」
  • 2気室構造で荷物へのアクセスが楽に
解説日帰りでのアウトドアにぴったりのリュックです。コンパクトなので女性にも背負いやすい形。背面部分には、カリマー独自のプレートが内蔵されていて背中にフィットします。2気室なので荷物へのアクセスもしやすいです。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥18,144 (2019/07/23 11:43:54時点 Amazon調べ-詳細)

デール28

デール28

出典:Amazon

デール28の基本スペック
価格18.144円
容量28L
サイズ51✕27✕33cm
重さ960g
背面の長さ42cm  / 47cm

特徴

  • 日帰り登山&トレッキングに使える小型リュック
  • 背中にフィットする「形状可変バックプレート」
  • 2気室構造で荷物へのアクセスが楽に
解説デール28は、ランクス28とほぼ同じモデル。違いは、リュック本体の開閉口です。ランクス28は雨蓋タイプでしたが、こちらはジッパーで閉めるタイプ。より素早く荷物を取り出しやすくなっています。

25L〜のリュック比較表

※右にスクロールできます→

BEST:★★★★
カリマーセクター
カリマートリビュートBEST:★★★★★
カリマーイクリプス
カリマーイクリプスプロカリマーランクスカリマーデール
名前セクター25トリビュート25イクリプス27イクリプスプロ27ランクス28デール28
価格13,500円16,200円13,500円18,684円18,144円18,144円
容量25L25L27L27L28L28L
サイズ47✕32✕24cm47✕30✕22cm47✕32✕24cm49✕33✕28cm62×32×27cm51×27×33cm
重さ700g840g700g830g1070g960g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【30L〜】カリマーおすすめリュック2選【日帰り登山・小屋泊】

  • セイバー30
  • SL 35

セイバー30

セイバー30

出典:Amazon

セイバー30の基本スペック
価格17,280円
容量30L
サイズ60✕34✕24cm
重さ1100g
背面の長さ43cm

特徴

  • ミリタリーモデル。耐久性&収納力が良い。
  • コンプレッションストラップ搭載
  • 迷彩柄あり
解説カリマーの「SFシリーズ(スペシャルフォース)」の定番リュックです。SFシリーズはイギリスの軍隊や警察の特殊部隊のために開発されているので、過酷な場面でも使えるよう設計されています。リュックでは珍しい、迷彩柄があるのも特徴です。
created by Rinker
Karrimor SF(カリマー エスエフ)
¥9,599 (2019/07/23 12:06:23時点 Amazon調べ-詳細)

SL 35

sl35

出典:Amazon

SL35の基本スペック
価格18,576円
容量35L
サイズ62✕29×26cm
重さ960g
背面の長さ42cm

特徴

  • 35Lの容量で920gと軽量
  • 「クイックアクセスオープニング」を採用
  • 小屋泊やファストパッキングに最適

解説軽量性と機能性を両立した「aerial(エアリアル)シリーズ」の35Lリュックです。ポケットをメッシュにするなど軽さを追求し、重量は960gに。この大きさにしては、かなり軽いと思います。

とはいえ、アウトドアでの活動をサポートする機能は充実。ヒップベルトや、リュックの開口部を素早く開けられる「クイックアクセスオープニング」が採用されています。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥18,576 (2019/07/23 11:53:04時点 Amazon調べ-詳細)

30〜のリュック比較表

※右にスクロールできます→

BEST:★★★★★
カリマーリッジ
カリマーセイバーカリマーsl
名前リッジ30セイバー30SL35
価格21,384円17,280円18,574円
容量30L30L35L
サイズ62✕32✕29cm60✕34✕24cm62×29×26cm
重さ1450g1100g960g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【40L〜】カリマーおすすめリュック3選【山小屋泊・テント泊】

  • イントレピッド40
  • リッジ40
  • クーガー45-60

イントレピッド40

イントレピッド40

出典:Amazon

イントレピッド40の基本スペック
価格25,920円
容量40L
サイズ67✕31✕28cm
重さ1750g
背面の長さ47cm

特徴

  • 通気性を高める「エアスペースシステム」
  • 専用設計のアルミフレームでフィット感アップ
  • 耐摩耗性の高い生地
  • 雨蓋を開けなくても出し入れできる「フロントアクセス」

解説鮮やかなカラーが目を引く40Lのリュックです。「エアスペースシステム」によって背中に通気スペースを確保することで通気性が高まり、夏場でも快適に過ごしやすくなります。

また背面とヒップベルトには、専用のパネルが採用されていて身体にフィットしやすく、荷物の負担を軽減してくれます。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥25,920 (2019/07/23 11:53:04時点 Amazon調べ-詳細)

リッジ40

リッジ40

出典:Amazon

リッジ40の基本スペック
価格23,220円
容量40L
サイズ67✕32✕31cm
重さ1630g
背面の長さ47cm

特徴

  • 夏季のテント泊にも対応する、リッジシリーズの中型モデル
  • 2気室の構造
解説リッジ30の機能性はそのままに、容量を大きくしたリュックです。一番の違いは、2気室の構造になっていること。容量が大きい分、荷物の量も増えますが、荷物のアクセスと整理が簡単にできるよう工夫うされています。
created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥23,220 (2019/07/23 06:16:54時点 Amazon調べ-詳細)

クーガー45-60

クーガー45〜60

出典:Amazon

クーガー45-60の基本スペック
価格30,240円
容量45〜60L
サイズ73✕38✕30cm
重さ2,400g
背面の長さ38〜46cm

特徴

  • テント泊と縦走向けの大型バックパック
  • 背面調整ができる「SAシステム」搭載
  • 「クイックアクセスオープニング」を採用

解説45L〜60Lの容量に対応している大型バックパックです。背面調整ができるカリマー独自の「SAシステム」が搭載されています。

SAシステム」とは、背面のパッドを上下に移動することで、背面の長さを調整できる機能のこと。体格や身長に合わせて、リュックがフィットするので長距離の行動でも疲れにくい設計になっています。

40L〜のリュック比較表

※右にスクロールできます→

イントレピッド40リッジ40カリマークーガー
名前イントレピッド40リッジ40クーガー45-60
価格25,920円23,220円30,240円
容量40L40L45L〜60L
サイズ67✕31✕28cm67✕32✕31cm73×38×30cm
重さ1,750g1,630g2,400g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

【50L〜】カリマーおすすめリュック3選【テント泊・縦走】

  • アルピニステ 50+10
  • クーガー55-70
  • ジャガー60+10

アルピニステ 50+10

アルピニステ

出典:Amazon

アルピニステ50+10の基本スペック
価格27,000円
容量50+10L
サイズ72✕36✕28cm
重さ1,720g
背面の長さ48cm

特徴

  • 夏の縦走から、冬のアイスクライミングまでカバー
  • クライミングハーネス仕様のヒップベルト
  • スノーギアを収納しやすい大容量のフロントポケット

解説夏でも冬でも活躍するのが、「アルピニステ50+10」。ハーネスを収納しやすい拡張性があり、リュック本体の外側には、ピッケルホルダーもあります。

また、濡れたアイゼンなどの道具をしまえるポケットが、フロント部分にあるのもポイント。リュック内を濡らすことなく、素早い取り出しが可能になります。

クーガー55-70

クーガー55-75

出典:Amazon

クーガー55-70の基本スペック
価格34,020円
容量55〜70L
サイズ75✕39✕32cm
重さ2,550g
背面の長さ38〜50cm

特徴

  • クーガー45-60をさらにビッグに
  • 背面調整ができる「SAシステム」搭載
  • 「クイックアクセスオープニング」を採用
解説クーガー45-60を一回り大きくしたモデルです。より長期間の縦走には、こちらのリュックがおすすめです。
カリマー クーガー 55-75 cougar 55-75 バックパック メンズ レジオン
Karrimor(カリマー)

ジャガー60+10

ジャガー60

出典:Amazon

ジャガー60+10の基本スペック
価格36,720円
容量60+10L
サイズ84✕36✕32cm
重さ2,400g
背面の長さ44〜54cm

特徴

  • 背面調整ができる「SAシステム」搭載
  • 専用設計のフレームとヒップベルト
  • 快適性をアップする「スーパークールメッシュ」

解説長期の縦走や海外のバックパックに使える大容量のリュックです。背面調整できる「SAシステム」のほか、負担を分散させやすいヒップベルトが搭載。長時間の歩行をサポートしてくれます。さらに背面はスーパークールメッシュ。活性炭加工が施され、汗などの水分を素早く吸収・拡散して、背中をべったりさせません。

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥36,720 (2019/07/23 07:52:06時点 Amazon調べ-詳細)

50〜のリュック比較表

※右にスクロールできます→

アルピニステ50カリマークーガーカリマージャガー
名前アルピニステ 50+10クーガー55-70ジャガー60+10
価格27,000円34,020円36,720円
容量50+10L55L〜70L60+10L
サイズ72✕36✕28cm75✕39✕32cm84×36×32cm
重さ1,720g2,550g2,400g
商品リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

カリマーのリュックで快適な旅を

カリマーには、幅広い容量があり、登山でも街でも旅行でも使えるリュックが揃っています。

容量と機能性を比較して、あなたに合ったリュックを選びましょう。

りゅっくま
イギリス国旗をモチーフにした、カリマーのロゴもかっこいいよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です