【カリマー リッジ30レビュー】3年愛用して分かった魅力と選び方を紹介

カリマーのリッジ30をレビュー

カリマーのリッジ30は、登山とハイキングのリュックでは一番人気のモデル。

そこで今回は、リッジ30を3年間使った僕が徹底レビュー!
  • リッジ30の基本スペック
  •  機能性や使い心地
  •  各タイプやリッジ40との違い

などをたくさんの画像と一緒に紹介していきます。

結論から言えばリッジ30は、使い心地が良く耐久性があり、とてもおすすめしたいバックパックです。

リッジ30を背負って山に40回以上登り、スペインを600km歩いたからこそ分かった、リッジ30の特徴を解説します。

りゅっくま
カリマーのリッジ30を買おうか悩んでいる人は、参考にしてみてね。

カリマーリッジ30の使い方と評判

カリマーのリュック

リッジ30の容量は「30L」
日帰りでの登山や山小屋泊、海外旅行に使えるサイズのバックパックです。

ほとんどの航空会社で機内持ち込みができるので、国内・海外旅行にも活躍します。

実際僕はリッジ30を背負って、30回以上山に登ったり、海外で600kmのロングトレイルを完歩しました。
デザインと耐久性、機能性が優れたお気に入りのリュックです。

山を歩いたり…

リッジ30で登山

 

スペインを歩いたり…

リッジ30でスペイン巡礼

愛用してきた僕が、リッジ30を徹底紹介していきます。

りゅっくま
そんなに使っているなら説得力があるね。

カリマーリッジ30の評価と基本スペック

カリマーリッジ30

リッジ30の評価
機能性
(5.0)
取り出しやすさ
(4.0)
見た目
(5.0)
コスパ
(4.0)
耐久性
(5.0)
リッジ30の基本スペック
価格21,384円  →14,969円
サイズ62✕32✕29cm
重さ1,400g
背面の長さ42cm / 47cm / 50cm
素材高強度ナイロン(KS-N320 Taslan)
主な機能①体型に合わせられる3サイズ展開
②高強度のタスランナイロン素材
③安定感のあるヒップベルト

カラー展開

リュックのカラーは、全部で7種類と豊富。自分の好きな色から選べます。

リッジ30のカラー展開

出典:Karrimor

サイズ展開

リッジ3シリーズは、3つのサイズ展開になっていて、それぞれ背面の長さが違います。

  • タイプ1=42cm
  • タイプ2=47cm
  • タイプ3=50cm

アウトドアで使うリュックにおいて、背面の長さ調整は背負い心地を左右します。リッジ30は性別や体型によって、背面の長さを選べるので便利です。

タイプの選び方は、「リッジのタイプ3種類の違い|選び方は?」で解説します。

カリマーリッジ30の魅力を徹底レビュー!

リッジ30の主な機能を画像にすると、こんな感じです。

カリマーリッジ30の機能

  • 高強度のナイロン
    耐久性が高く長持ちする。
  • 雨蓋タイプ
    小物を収納しやすい。
  • フロントポケット
    荷物へのアクセスが簡単に。
  • サイドポケット
    水筒やペットボトルをしまえる。

カリマーリッジ30の機能

  • メッシュ素材
    通気性が良く、ベタつきにくい。
  • ショルダーハーネス
    身体にフィットしやすい。
  • 安定するヒップベルト
    荷物の重みを分散する。
  • 大きいポケット
    スマホや携帯食を、収納できる。

これらの機能を、1つずつ写真付きで説明していきます。

りゅっくま
リッジ30には、アウトドアでの行動をサポートしてくれる機能がたくさん!

高強度のナイロンで長持ち

リュックの素材感はこんな感じ。

リッジ30の素材感

320デニールの、「高強度タスランナイロン」が使われています。

3年間かなり荒く使いましたが、壊れる気配は無いのでかなり耐久力はあると思います。

登山用のリュックは値段が高いですが、その分長持ちするので元は取れるかと。

雨蓋タイプは衣服の収納に便利

リッジ30のトップは、雨や雪が入るのを防ぐ雨蓋タイプになっています。

リッジ30の雨蓋

山に登るとき、雨蓋タイプのメリットは2つ。

  • 小物を何でもポケットに収納できる
  •  衣服やサブバッグを挟んでしまえる

リッジ30の雨蓋ポケット

リュックを開けることなく出し入れできるので、救急グッズや非常食、タオルなどすぐに取り出したい荷物をしまっておけます。

リッジ30の雨蓋

また、衣服などを挟めるもの便利です。登山中に暑くなって脱いだ服を、一時的にしまっておけます。

フロントポケット

リッジ30のフロントポケット

外側には、フロントポケットも。ここにはニット帽やネックウォーマーを入れることが多いです。

後ろを歩く友達に、荷物を取ってほしいときにも使えます。

サイドポケット

リッジ30のサイドポケット

リュックの両サイドには、サイドポケットが搭載。
水筒やペットボトルを素早く出し入れできます。ポケットの位置も手が届きやすいです。

りゅっくま
街歩きでは、折りたたみ傘を入れられるね。

メッシュ素材で通気性が良い

リッジ30の背面
背面は、メッシュ素材に。背中が蒸れるのを軽減します。

ショルダーハーネス

リッジ30のショルダーハーネス

肩によく馴染むショルダーハーネスです。

ヒップベルト

リッジ30のヒップベルト

ヒップベルトは、きつく締めてもあまり腰骨が痛くなりません。

快適に肩の負担を分散してくれるので、行動が楽になります。

リッジ30のヒップベルトの厚み

ヒップベルトの厚みは1cmほど。しっかりした造りです。

大きいウエストポケット

リッジ30のウエストポケット

リッジ30のヒップベルトに付いているポケットは、大きめ
このポケットは、結構気に入っているポイントです。行動食から十徳ナイフ、スマホまで収納できます。

一番出し入れしやすい位置にあるポケットなので、多くの荷物が入るのは嬉しいですね。

リッジ30のポケット

なんと、小さめの文庫本も入るサイズ。とにかく色々詰め込めます。

その他、リッジ30のポイント

リッジ30の開口部

リッジ30の開口部は巾着式。手袋をしていてもスムーズに開閉できます。

リッジ30のボトムポケット

レインカバーは、ボトム部分のポケットに収納できます。ここに濡れたレインカバーを収納すれば、他のアイテムが濡れることはありません。

リッジ30の気になる点

今のところ、リッジ30で気になるポイントは無いですね。

初めて買った登山用ザックがリッジ30でしたが、本当に購入して良かったと思います。

カリマーリッジ30のサイズ感

リッジ30のサイズ感

リッジ30は、日帰りと小屋泊での登山や、国内・海外旅行にぴったりの容量です。

大きすぎず小さすぎないサイズ感が気に入っています。

リッジ30の内部

上の写真がリュック本体の内側。リッジ30は容量の数値よりも、たくさん収納できる感じがします。

夏の日帰り登山は、冬ほど防寒着を持っていかないことが多いので荷物が少なくなります。荷物が少なく、リュックがブカブカだとかっこ悪いので、日帰り登山用に大きすぎるリュックはおすすめしません。

なので、30L前後のリュックが入門のリュックとして良いと思います。

リッジのタイプ3種類の違い|選び方は?

リッジ30は、3種類のタイプから選べます。値段はどのタイプも同じです。

違いは、「背面の長さ」。

  • タイプ1=42cm
  • タイプ2=47cm
  • タイプ3=50cm

目安でいうとこんな感じ。

  • タイプ1=Sサイズ
    女性におすすめ
  • タイプ2=Mサイズ
    背が低めの男性 / 背が高めの女性におすすめ
  • タイプ3=Lサイズ
    一般的な男性におすすめ

人によって背面の長さは違うので、買う前にしっかり測るようにしましょう。簡単に計測できます。

背面の測り方

背面の測り方

出典:activeplanettravels.com

第七頚椎骨(首の後ろの1番出ている骨)と、腰の付け根部分(腰骨の上)を探します。

その間の距離をメジャーで測ると、「背面長」が分かります。

僕は身長177cmで、背面長は54cmでした。
なのでリッジ30では、タイプ3を持っています。

リッジ30とリッジ40の違いは?

リッジには、容量が40Lのモデル「リッジ40」もあります。

違いは、大きさと2気室の構造。

リッジ40は容量が大きくなる分、夏季のテント泊にも十分対応するサイズです。

またリッジ40は、2気室構造になっているのがポイント。

リッジ40の2気室構造

出典:Karrimor

上部と下部で、リュック内部を仕切れるので、荷物を整理しやすくなります。

リッジ30のリュックは機内持ち込みできる?

リッジ30は、機内に持ち込めるサイズです。

航空会社にもよりますが、実際にLCCでも機内持ち込みできました。

荷物を預けると何かと面倒なので、機内に持ち込めるのは旅行時に便利です。

【まとめ】カリマーリッジは登山者とバックパッカーに最適

最後に、リッジ30の特徴をまとめます。

リュック選びに悩んでいる方。
リッジ30は買って後悔しないアイテムだと思います。

特徴

  • 高強度のナイロンで長持ち
  • 雨蓋タイプは衣服の収納に便利
  • 手の届きやすいサイドポケット
  • メッシュ素材で通気性が良い
  • フィットするショルダーハーネスとヒップベルト
  • 小物を収納できる大きめのウエストポケット
  • 大きすぎず小さすぎないサイズ感がGood
  • 背面長によって3タイプから選べる

おすすめな人

  • 日帰り登山用のリュックが欲しい
  • 機内持ち込みOKの旅行用バックパックが欲しい
  • 山登り初心者

タイプ1のリッジ30▼

created by Rinker
Karrimor(カリマー)
¥23,760 (2019/09/18 05:55:20時点 Amazon調べ-詳細)

タイプ2のリッジ30▼

タイプ3のリッジ30▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です